冷蔵庫のリサイクル(処分)とは?

リサイクル法や家電リサイクル法とか聞いたことおありかと思います。
平成13年4月より家電リサイクル法の適用により、
テレビ、エアコン、洗濯機、そして冷蔵庫を処分する場合、
私たち所有者は、リサイクル料金などの処分料を支払わなくてはならなくなりました。
随分と面倒な時代になったと感じられてる方も多いかと思います。
でも、地球温暖化が叫ばれてる昨今、
私たちが使用し処分しようとしてる家電の部品類が少しでも再利用され、
結果、廃棄物を減らすことになり地球温暖化対策にもつながります。
私も最初は、この家電リサイクル、ましてや、でかくて重い冷蔵庫のリサイクルなんて
特に面倒臭そうな気がして不満タラタラでしたが、
でも、年々暑くなる夏を認識して、
やはり、少しでも地球温暖化対策に効果があるのなら
仕方ないと思うようになりました。
これ以上暑い夏は嫌ですから。
今回、そんな家電のリサイクル(処分)の中でも、
一番、でかくて重くて、しかも、一番、リサイクル(処分)料が高い冷蔵庫の
リサイクル方法について豆知識を書いてみました。

冷蔵庫のリサイクル(処分)方法

冷蔵庫のリサイクル(処分)方法には大きく分けて次の2つの方法がかあります。

★冷蔵庫を買換える場合や購入した店が判り遠方でない場合
 その販売店に引き取りを依頼できる。

★上記のケースに該当しない場合
 リサイクル&引取り業者に引き取ってもらうか
 郵便局で家電リサイクル券を購入し、
 メーカー指定引取場所へ冷蔵庫を持ち込むか清掃事業所に持ち込む。
 また、場所によっては自治体や家電量販店、販売店が窓口となって引き取るところもある。

冷蔵庫のリサイクル(処分)料金

冷蔵庫 リサイクル(処分)の料金体系として、リサイクル(処分)料は必ず必要ですし
また、家電量販店や業者に引き取ってもらう場合等、
収集・運搬・出張料金等が別途必要になります。
標準的リサイクル(処分)料は4830円ですが、これは大手メーカーの冷蔵庫の場合で、メーカーによってリサイクル(処分)料が違ったりします。何万円も違ったりしません、せいぜい1000円前後の違いですが一応、購入時にでも、このメーカーの冷蔵庫のリサイクル(処分)料はいくらなのかのチェックはしてたほうがベターだと思います。 あと、収集・運搬・出張料金等ですが、自分で家電量販店や業者に持っていくツワモノもいらっしゃるかもしれませんが、なにせ冷蔵庫の場合、何度も言うようにデカくて重いので、多くの方は、家電量販店や業者に引き取りに来てもらうのではないでしょうか。なお、家電量販店等販売店で新たに冷蔵庫を購入する場合、収集・運搬・出張料金等が少し安くなるようです。冷蔵庫のリサイクル(処分)方法にもよりますので一概には言えませんが、リサイクル&引取り業者などは面倒な手続きが要りませんし、リサイクル料金も、特に、まだ稼動する冷蔵庫をリサイクル(処分)したい場合などは購入・買換販売店のトータルのリサイクル(処分)料金より、かなり安かったりするので、お近くに、そのようなリサイクル&引取り業者があれば、利用するのも手だと思います。 トータルのリサイクル料金(リサイクル料+収集・運搬・出張料金等)は、購入・買換販売店で8000~9000円ぐらい、リサイクル&引取り業者で0~8000円ぐらいのようです。なお、郵便局で家電リサイクル券を購入し、メーカー指定引取場所や清掃事業所へ冷蔵庫を持込む場合も、収集・運搬・出張料金等として1200円/台がリサイクル(処分)料以外に必要です。